このページを読んでくださっている出会いに感謝して、
自己紹介をさせていただきたいと思います。

少し長くなりますが、よろしければお付き合いくださいませ…。

 

1957年。九州生まれ。

生後1週間の内に2度死線を超え生き延びた。(この経験も必要だったんでしょう、未だに意味わかりませんが…)

家業跡継ぎの立場から両親・祖父母の期待に沿うことを求められる。

小・中学生時代、敷かれたレールに疑問をもちながも、
認められたくてがんばって良い子を過ごす。

高校に進学後、中途半端な自分がずっと嫌で鬱々(うつうつ)とし挫折を味わう。
目的を見失なって心に穴が空いた状態で何事にもやる気をなくす。
(高校生時代の記憶があまりない)

そこで、大学受験を控えたある日、
自分の中にある
「本当の自分はどうしたい?」
という思いが爆発。

「なんかやらなきゃ」と
敷かれたレールを外れることを決意し暴挙にでる。

親の希望とは真反対の大学へ進学、遊ぶ味を覚える。(笑)

卒業後、親との約束を破り家を飛び出し何の考えもなく京都で就職。

 

その後、声をかけられ中古貴金属・ブランド品販売会社へ転職。
ゼロからの部門立ち上げを任され、8年間で10億円規模の部門へ牽引する。

 

願っていた高収入を手に入れたが、見返りに
こころも身体も完全崩壊。
ベッドから出ることも出来なくなる。

うつとなり家族との関係にも微妙なひびが入る。

 

現場に立てなくなり解雇、収入は0円となる。

 

みじめな自分を責める日々が続くだけで気力がでなく悶々と1年半を過ごす。

それでも、
現実は、”待ったなし”
(通帳を見るたびに奈落の底に落ちる心境 悪夢)
家族をかかえ稼ぐことが”絶対死命”となる。

 

時代は、まだまだ心療内科は一般的ではなく、精神科が主流だったために病院にかかることが怖く、薬も飲まず手探りながら代替療法で治すことを模索。

 

クレニオセイクラル、鍼灸、整体、気功を受けてもどれも一時的でアップダウンを繰り返し、さらに落ち込む。

 

そんなもがきの中、偶然
スピリチュアルヒーリング(クリスタルヒーリング)
の素晴らしいヒーラーさんと出会い、やっと扉の向こうが見え始める。

 

そこで、

 

「自分を真に幸せに出来るのは、自分しかいない!どんな小さな変化でもまず一歩を踏み出せ」を痛感し、

 

スピリチュアルとは「今この瞬間に肉体と人生を統合する」ことと実感する。

 

ずっとこころの片隅で響いていた”自由な自分を生きたい! 本当の自分を生きたい!”を
今度こそはやると決めサラリーマンを選ばず自営業を選択する。

 

100%手探りでまったく自信もなく、コネもなく、右も左もわからない状態だったので、資金も必要とせず、
少しでも慣れた仕事ならばこころにも身体にもハードルは低いはずと、切り口をパワーストーン販売としネット販売を始める。

 

 

クリスタルヒーリングを学んだことでエネルギーに敏感となり
その後、野上式整体、エネルギーワーク、レイキなどを学ぶ。

 

自らの潜在能力を解放し、高める方法を求め、熊野の仙人、クンルンネイゴンマスターなどに師事。

 

「魂レベルのシナリオが肉体レベルのシナリオと統合された瞬間、人生レベルでの大枠シナリオが創られる事」を知る。

 

肉体レベルで受け取った言葉や視覚、聴覚、嗅覚、皮膚からの刺激は、
出来事と結びつけた記憶となり内側に蓄積され”〇〇は、△△だ”となり、
体験を繰り返すことで思い込みを強くし、判断基準にしてしまう。

 

このことで無意識に自己価値の限界を決め、能力や可能性をしぼめさせてしまう。

肉体的にも深いところで硬直し、エネルギーの流れが悪くなり
様々な身体トラブルの元として出現させる。

 

なので、”身体だけ”でも”こころだけ”でも”考え方だけ”でも望む自分への変化は進まず
同時にアプローチしていくことが”鍵”となる。

 

潜在能力と無意識シナリオの解放のために16年かけて
「ハート・ボディ・マインド」へのオリジナルアプローチを構築する。

 

京都を主に大阪、名古屋で「生き辛さの解放と自己実現」の結果に信頼を得て活動中。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。